私たちは

頼れる仲間たちと共に

ものづくりを通じて

世界をもっとワクワク

させつづけます

​赤坂金型彫刻所

​経営理念

三代目・赤坂 兵之助

​赤坂金型彫刻所 赤坂 兵之助

継承される技術

赤坂金型彫刻所で三代目・赤坂 兵之助を継承した赤坂 雄大です。
赤坂金型彫刻所は、祖父である初代・赤坂 兵之助が設立した会社です。
元々は仏具や欄間、記念コインなどの彫刻を生業としていました。

初代・赤坂 兵之助は、3枚目写真の刃物と金槌で手作業で製作しました。
機械化の進んだ現在の技術から見ても、ものすごい技術です。
使い込んだ金槌は祖父の手の形になじむまですり減り、祖父専用になりました。

そんな祖父ですが、ある時、仕事中に不慮の事故で左手を失いました。

職人にとって、とても大切な左手。
彫刻の元になる刻印が掴めなくなりました。
普通ならここで仕事を諦めるはずです。
しかし祖父はそこで諦めなかった。

彫刻を続けるため作成したのが2枚目の写真の義肢で、祖父自ら作成したものです。

義肢での彫刻作業は困難を極めました。
スムーズに作業できず、左手の負担が大きい。

彫刻を続けるため試行錯誤して、力を入れずに切削する手法や、今の半月一枚刃につながる「たがね」の切っ先の調整方法を編み出しました。

こうして編み出された技術が『赤坂式半月彫刻法』です。

事故で左手を失ったことで彫刻する方法を考える中、新たな技術を生み出し、今の『赤坂式半月彫刻法』の「半月のミル※」が誕生しました。
(※半月一枚刃につながる『たがね』の切っ先の調整と加工方法)

これはもう、祖父の仕事への執念としか言いようがありません。

その技術は二代目の父が引き継ぎ、三代目の私が受け継ぎました。

幼い頃から祖父の仕事に対する姿勢を目の当たりにしてきた私にとって、祖父の生き方は誇りです。
そして、その祖父を支えた二代目・赤坂 兵之助である父があってこその『赤坂式半月彫刻法』です。
初代・赤坂 兵之助、二代目・赤坂 兵之助の背中を見てきた三代目・赤坂 兵之助である私の使命は、初代そして二代目から継承した技術をより社会に役立つ形で提供していくことです。
赤坂金型彫刻は、これからも唯一無二の技術をお客さまにご提供します。

​赤坂金型彫刻所 『持続可能な世界』を目指して

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2016年から2030年までの国際目標である『SDGs』。

『SDGs』は、持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されています。
赤坂金型彫刻所では、今行っている事業内容において『SDGs』に当てはまる下記の5つのゴールを保有しています。

​赤坂金型彫刻所 『SDGs』への5つの取り組み

4 質の高い教育をみんなに

  • 大阪府柏原市にある児童養護施設にて、ものづくり教室を毎月開催

  • 大阪工業大学ものづくりセンターでの非常勤講師(5軸マシニングセンタ)

  • 厚生労働省ものづくりマイスター認定

7 エネルギーをみんなにそしてクリーンに

「爆発しない水素」を研究されている博士の研究用治具の設計や製作に協力

12 つくる責任つかう責任

自然環境で「木のように朽ちていく分解性プラスチック(PLA~Poly-Lactic Acid/ポリラクティックアシッド~)100%」素材の射出成形品であるものさしを2020年2月に制作完了

持続可能な方法で生産し、責任をもって消費する『つくる責任つかう責任』を意識した取り組みを大阪から推進

14 海の豊かさを守ろう

ヨーロッパを始めとした「海洋ゴミ問題」とそれを解決に向ける「G20・大阪ブルーオーシャン・ビジョン」を受け、「生分解性プラスチック(PLA~Poly-Lactic Acid/ポリラクティックアシッド~)100%」素材の射出成形品であるものさしを2020年2月に制作完了

17 パートナーシップで目標を達成しよう

各種異業種交流会をはじめ、現在、『日本製を台湾を始め世界で売ってみよう』とい趣旨である大阪府八尾市「YAOYA PROJECT」に取り組む
ライターやクリエイター、デザイナー、行政と協業し、『赤坂式半月彫刻法』を活かした「廃材や古物を活用したアクセサリー群」を開発している

赤坂金型彫刻所は、初代・赤坂 兵之助から続く高い技術を継承するものづくり企業です。
祖父や父の仕事を見て育った私は彫刻や成形の仕事が大好きで、細かな造作を考えたり製作している時は時間を忘れる程です。
​そんなワクワクする技術と仕事。
次世代の若者たちと共に、ものづくりを通じて世界をもっとワクワクさせたい。

未来の展望として、『初代・赤坂 兵之助から続く技術を次世代に継承し育成する学びの場』を創る夢を抱いております。
世界の若者たちが集い、異文化を認め合いながら互いの「ものづくり」のスキルを磨きあう笑顔あふれる学びの場、そんな環境を構築していく。
未来の展望を実現できるように、赤坂金型彫刻所は伝統を継承しながら日々躍進してまいります。

​三代目赤坂 兵之助

未来へ

© 2018 Akasaka Kanagata cho-cocu syo