​ブログ記事が表示されない場合は、ブラウザでリロード(再読み込み)を行ってください。

  • 三代目赤坂兵之助

ジュラルミンの板から『[cocur] SAKURA(コクール・桜)』へ


ジュラルミンの板から『[cocur] SAKURA(コクール・桜)』へ
ジュラルミンの板から『[cocur] SAKURA(コクール・桜)』へ

皆さま

こんにちは!三代目赤坂兵之助でございます。


『[cocur] SAKURA(コクール・桜)』 は、写真のようなジュラルミンの鋼材から「裏表完全金属削り出し」をし、限りなく繊細な葉にすべく薄く加工を施し、その上で葉脈の彫り抜きを施していきます。

繊細な彫刻を施すことで、まるで光を透過するような薄さの葉の加工が可能になっております。

これら一連の加工は、とても神経を使い手間ひまのかかる作業となります。

機械と人間の手仕事のギリギリの折衷の中で生まれた『[cocur] SAKURA(コクール・桜)』

最終の磨きは手作業となり、シャープさとやさしさを併せ持つ新しいアクセサリーに仕上がりました。


その『[cocur] SAKURA(コクール・桜)』製作時に使用している 『赤坂式半月一枚刃』。

今回は、この半月一枚刃をどのように使いながら、繊細な彫刻や様々な加工を行っているかを見ていただける動画をご紹介いたします。

この動画は、昨年私の会社があります八尾市主催の『FactorISM(ファクトリズム)』という催しの内での当社の工場見学・ワークショップ案内用に撮影いただいた動画ですが、中盤過ぎまでは『赤坂式半月一枚刃』やマシニングなどの機械のことなど、製作に関わる部分の説明になりますので、とてもご理解いただきやすいかと思います。



当社も参加した『FactorISM』 は、ものづくりの現場を一般公開し、世界に誇る日本のものづくりの現場を体験、体感してもらう文化祭のようなイベントで、八尾市はじめ近隣のものづくりの町が連携し、昨年12月に開催されました。

折しもコロナ禍の嵐に突入してしまいましたので、主だったイベントはリモート中心になりましたが、社会が落ち着き今年も『FactorISM』が開催されることを願いながら、まずは厳しい情勢の中でも自社の経営の立て直しを図るべく邁進してまいります。

みなさま、応援いただければ幸いです。


赤坂金型彫刻所 代表 三代目赤坂兵之助
赤坂金型彫刻所 代表 三代目赤坂兵之助