top of page

​ブログ記事が表示されない場合は、ブラウザでリロード(再読み込み)を行ってください。

  • 執筆者の写真三代目赤坂兵之助

初めての海外クラウドファンディングに挑戦します!


一陽来福(Ichiyo Raifuku)
一陽来福(Ichiyo Raifuku)

皆さま

ご無沙汰しております、赤坂兵之助でございます!

皆さまにはきっとお変わりなく、

お元気にされていることとお喜び申し上げます!


時代の節目を感じる昨今ですが、

私も「新しいこと」をやりたいなと、

色んな可能性を追求しておりました。


そして今回、

「挑戦」させて頂きます!


海外クラウドファンディング Kickstarterページは下記画像クリック↓

寒い冬がやっと和らぎ、

新しい春に向かっての取り組みですから、

やはり「新作」と共の「挑戦」となりました!


毛筆がなんだかとてもおもしろい!という手応えと共に、

自筆で書きました「一陽来福」の文字を彫り抜いた新作

を登場させて頂きます!


一陽来福(Ichiyo Raifuku)
一陽来福(Ichiyo Raifuku)

その名も「一陽来福(Ichiyo Raifuku)」


一陽来福(Ichiyo Raifuku)
一陽来福(Ichiyo Raifuku)
一陽来福(Ichiyo Raifuku)着用イメージ
一陽来福(Ichiyo Raifuku)着用イメージ

今回は香司(お香の香りをつくるひと)、

「香りすと」の大形 智美さまとのコラボレーション!

「一陽来福」の世界観を、

日本の国花である「桜」イメージした塗香(塗るお香)で

身に纏う「香り」として表現してくださいました!


装飾品はもちろんそうなのですが、

「香り」というのも自己表現を担う要素だと思います。

繊細で儚い「一陽来福」の世界観を、

「香りで纏う」。


日本の国花である「桜」イメージした塗香(塗るお香)
日本の国花である「桜」イメージした塗香(塗るお香)

大形さんがお創りになった香りを楽しんでいると、

「一陽来福」の世界観は、やはりパフュームではなくて、

やはり日本の「塗香」なのだと、

凛とした気持ちになれます。


それに加えて、

ずっと憧れていました「チタン」という素材。

これをどうすれば美しく彫刻加工できるのか?

長い間思案して、試作して、がんばりました!


はじめてのチタン「天(Heaven)」、

こちらも美しく彫れました!


チタンに繊細美を彫刻した「天(Heaven)」
チタンに繊細美を彫刻した「天(Heaven)」
天(Heaven)着用イメージ
天(Heaven)着用イメージ

「ものづくり」の理論はひとまず置いておいて、

「こころの世界」を楽しんでみてください。

精神性は時に根拠のない空想に迷い込みますが、

その「空想」がものづくりを加速させるのです!


私はこれから、

「一陽来福」の繊細さとその香り、

「天」の精緻さやチタンの手応え、

それを前に「ワクワク」とされている、

世界中の皆さまを空想への旅へ誘わせて頂きます...!



赤坂金型彫刻所

代表 三代目赤坂兵之助

最新記事

すべて表示
bottom of page