​ブログ記事が表示されない場合は、ブラウザでリロード(再読み込み)を行ってください。

  • 三代目赤坂兵之助

『[cocur] SAKURA(コクール・桜)』かんざしに寄せて

最終更新: 2月18日


『[cocur] SAKURA(コクール・桜)』かんざし:しずか

みなさま、こんにちは!

桜プロジェクトのプロジェクトマネージャーつむぎの田川恵子です。

『[cocur] SAKURA(コクール・桜)』かんざし:しずかとそっとは、私も簪のデザインをしてくれたデザイナーの青山さんも大好きな作品です。

一消費者として自分たちがつけてみたいもの、ワクワクするもの、それが『簪』でした。


日本人の心の花である「桜」、伝統の日本の美つまみ細工、古から和の装いに寄り添う簪。

三代目が継承する「赤坂式半月彫刻法」から生み出される「和の心」のコラボレーションの簪は、どれほど美しいだろうと想像しました。

青山さんが描いた線画を元に三代目が造形のブラッシュアップを更に追求しデータ化、ジュラルミンの鋼材から削り出し、限りなく繊細な葉にすべく薄く加工を施し、その上で葉脈の彫り抜きを施して生まれた『[cocur] SAKURA(コクール・桜)』かんざし。

三代目の手から生み出された簪を初めて見た時、繊細で優しい世界観の美しさに感動しました。


あなたの心に咲く桜は、どんな桜ですか?

あなたの心に咲く桜は、満開の桜でしょうか?一輪そっと咲く桜でしょうか?


デザインのすり合わせを進める中で、「桜」という花は日本人の心の原風景でありながら、個々人の持つ印象がそれぞれ違うというイメージの多様性を発見しました。

その多様なイメージの中から「そっと咲く一輪の桜」を採用したのは、何より「人の心にそっと静かに優しく寄り添う逸品でありたい」との想いからです。


『[cocur] SAKURA(コクール・桜)』かんざし:しずかには、桜の花びらと静山、桜の花びらと静海、太陽と月が背中合わせになった彫刻が施されています。


しずか本体表面:桜の花びらと静山、太陽に向かって舞う花びら
しずか本体裏面:桜の花びらと静海、 月に向かって舞う花びら

人の心に勇気と希望という灯をともす太陽と人の心に静寂と安らぎ癒しをくれる月。

桜の花びらが天に舞い、宙(そら)に還る。

桜は宙(そら) と人の心をつなぐ花ではないかと感じるのです。


『[cocur] SAKURA(コクール・桜)』かんざしをつけていただくお一人お一人の毎日が、ここから先もずっと幸せで優しい笑顔の花が咲く日々でありますように。

『[cocur] SAKURA(コクール・桜)』かんざしは、そんなプロジェクトメンバーの願いをカタチにした逸品です。

『[cocur] SAKURA(コクール・桜)』シリーズが、ここから先のあなたの心に寄り添う友となりますように。


プロジェクトマネージャー つむぎ 田川 恵子

© Copyright Protected

赤坂金型彫刻所

大阪府八尾市楠根町5-57-11
お電話はこちら
※お問い合わせはお問い合わせページからお願いいたします。

お問い合わせページはこちらから

© 2018 Akasaka Kanagata cho-cocu syo